EN / JP

KOSAI SEKINE DIRECTOR

TOPICS  /  WORKS  /  PROFILE  /  CONTACT

KOSAI SEKINE / BIOGRAPHY

突出したストーリーテリング、ウィットに富んだ演出と洗練されたアートディレクションで、現在の日本のクリエイティブ界で起きている新しいうねりの中心に位置する映像ディレクター。2005年、配列、整頓に偏執的なこだわりがある男をコミカルに描いて話題となった短編「Right Place」でデビュー。翌年、レインダンス映画祭CMの「Daughter」で、カンヌ国際広告祭ヤングディレクターズ・アワードのグランプリを受賞し、世界的な注目を集める。無国籍な世界観と、リアルな東京/日本らしさが絶妙にブレンドされた映像表現にも定評があり、前出の「Right Place」の他、2006年に、Jemapur、W+K Tokyo Labとのコラボレーションで制作されたミュージックビデオ「Maledict Car」では、近未来的な「Tokyo」の情景を、記号的に描いた斬新なディレクションが、世界のクリエイティブシーンで話題を呼んだ。2010年には、ブレイクビーツ・ユニット「HIFANA」、クリエイティブ・テクノロジスト集団「Rhizomatiks」、W+K Tokyoのコラボレーションで制作された「Nike Music Shoe」の 映像演出を手がける。ブランデット・コンテンツとしての新しい領域を切り開いたと称される同キャンペーンは、カンヌ国際広告祭フィルムクラフト部門で銀賞を受賞。前年に続き、2年連続でシルバーを受賞した関根は映像ディレクターとしての国際的な評価を不動のものとした。現在は、東京を拠点に、Nike、Uniqlo、NEC、資生堂といったトップブランドのTVCM、ウェブムービー、ミュージックビデオ、ショートフィルム等を幅広く手がけ、日本初の革新的な映像作品を世界に発信し続けている。
(words by Bruce Ikeda)

現在、日本国内ではマネジメントを(株)GLASSLOFTに委託。また映像作家として、音楽&映像アーティスト集団「JKD Collective」にも所属している。国外では、「Stink」などを含めた海外のレップ・プロダクションと提携しながら、更なる展開を目指し活動中である。

AWARDS

Nike Japan / Free Run Plus「Nike Music Shoe」篇
カンヌ国際広告祭 フィルムクラフト部門 シルバー
カンヌ国際広告祭 フィルム部門 ブロンズ
Adidas Originals UK / Safety Wear Collection「Split Up Service」篇
カンヌ国際広告祭 フィルム部門 シルバー
ニューヨークフェスティバル ゴールド
CLIO広告賞 ブロンズ
レインダンス映画祭 / Diesel「Daughter」篇
カンヌ国際広告祭 Young Directors Award 2006 審査員特別賞(グランプリ)
カンヌ国際広告祭 Young Directors Award 2006 最優秀CM賞(非EU部門)
ニューヨーク・フェスティバル ファイナリスト
アドフェスト ベストディレクター・ノミネート
D & AD Award In-bookセレクション
ショートフィルム「RIGHT PLACE」
カンヌ国際広告祭 Young Directors Award 2006 / 最優秀ショートフィルム賞
AdFest / New Directors “Remarkable 5” 日本代表作品
ニューヨークフェスティバル / Film and Video部門 ゴールド
ニューヨーク短編映画祭 / 最優秀外国映画賞
レインダンス映画祭 / Diesel 最優秀映画賞
ResFest 2005 / ワールドツアー選定作品
onedotzero10 / ワールドツアー選定作品
No Spot 短編映画祭 / Finalist
パームスプリング国際短編映画祭 / 公式出品作品
エジンバラ映画祭 /公式出品作品
ロスアンゼルス国際短編映画祭 / 公式出品作品
富士ゼロックス「Balloon」
ACC CMフェスティバル ゴールド
Jemapur「Maledict Car」MV
ONE SHOW Broadcast Design部門 ゴールド
文化庁メディア芸術祭 審査員会推薦作品
福岡人権尊重週間 「黒板」篇
広告電通賞 公共広告部門 最優秀賞
ギャラクシー賞 優秀賞
ACC CMフェスティバル シルバー
ニューヨーク・フェスティバル ファイナリスト